東京のロードサービスならお任せ下さい。

有限会社矢向自動車工業

東京のロードサービス【ポイントとFAQ】

東京で自動車のレッカーが必要になった時には、迷わず矢向自動車工業をご利用ください。
車を運転していれば、常に事故に遭う危険性や、故障のリスクはついてまわります。
車の事故や故障は、いつ何時起きるかなど誰にも予測できませんので、私たちは24時間いつでもスピーディーにお困りのお客様のところに急行できる体制を整えています。
ご連絡いただいた瞬間から、お客様には誠意をもって対応し、パニ

レッカー ロードサービス 東京

ックになっていることを十分に理解した上で、状況をしっかりお聞きして、それに合わせてベストな対応をさせていただきます。
車のレッカーが必要になった場合でも、その後のお客様が家に帰る方法や、心配事などにもきちんと対応させていただきます。
これまでも約50年間、常に弊社をご利用いただいたお客様に愛される企業、支持される企業になれるように頑張ってきました。
レッカー以外にも、愛車にトラブルが起きた時には、大抵のことにベストな対応ができる体制を整えておりますので、何なりと弊社までご相談ください。
私たちは数多くの自動車関連事業に携わっておりますが、レッカー・ロードサービス部門では、ご相談も24時間受付けしています。

01東京でレッカー移動が必要な時に相談できるロードサービス業者とは?

レッカー車とは車の事故現場や故障現場で車両を積載する車輛のことです。小型の原付から大型トラックまで、状況に合わせ適したレッカー車を選ぶことで安全かつスムーズな移動が可能です。
横浜に本社のあるロードサービス業者はアタッチメントをはじめ、道具の細部に至るまでこだわり、時には部品も作りながら、レッカー車を製作しています。自社製のレッカー車でロードサービスを行い、お客様のカーライフを支えています。
「卵が先か鶏が先か」と言う例えがありますが、どちらとも言えない必然性から産まれたサービス業務です。
車好きな方がそのこだわりを夢中に話されるように、こちらのスタッフの方々もレッカー車マニアや整備好きだとすぐに伝わる、大きな笑顔が印象的です。誇りを持って仕事に励む方の強い目力と、話しやすい雰囲気に好感が持てます。
お客差からのSOSは場所や時間が読めないもの。辺鄙な山奥や、狭く入りにくい住宅街の中、大型トレーラーの移動に至るまで対応できる様々なタイプのレッカー車を保有しています。
昭和38年設立からの長い経験と実績を元に設計し、手作りされた車輛の数々は他にはない作業能力性、機動性、機能性に富み、どんな現場にも対応できます。

02レッカー移動が初めての方への利用ポイント

レッカー移動は故障した車を修理する場合や廃車にする場合に利用するロードサービスの一つです。車の状態が悪く自走で修理工場へ持ち込むことが出来ない場合は、レッカー車を使って移動させることになります。
タイヤのパンクやブレーキ、エンジンに異常がある場合、車道を走らせるのが危険な場合は安全性を重視して自走は避け、レッカー車を利用するのが賢明です。
また、車検が切れている場合、公道を走ることは禁止されており、修理のため運転すると道路交通法違反となります。長く車に乗る機会がなく車検が切れた車を廃車にする場合や、修理が必要で移動させたい場合もレッカー車を利用するのが一般的です。ただ、車検切れの車をレッカーで牽引し、前輪を車道に転がして運ぶと公道を走行しているとみなされるので要注意。道路運送車両法で6ヵ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科され、6点の違反点数が加算となります。その際は、レッカーではなく積載車による移動もしくは輸送用の仮ナンバーを装着して移動のどちらかを選ぶことになります。
車のレッカー移動はロードサービス会社が行っており、会員でなくても利用出来ることが多く、普段ロードサービスを利用していない方でも故障時のみ依頼することが出来るため便利です。レッカー車を利用するべきポイントを覚えておき、万が一の時に役立てて下さい。

レッカー移動が初めての方への利用ポイント

03ロードサービス業者がサポートしてくれる3つのお悩み

車が故障により自走出来なくなった時、レッカー移動を依頼しなくてはいけません。これまでにロードサービスを利用された方が業者のサポートで解決したお悩みを挙げてみましょう。

1.レンタカー走行中のトラブル時、業者がすぐに対応してくれた

2.節約のために任意保険をロードサービスプランにしていなかったが、ロードサービス専門業者へ依頼した方が結果的に安かったので今後も必要な時だけ業者を利用しようと思う

3.狭い道でバッテリー上がりを起こしてしまったが、小型のトレーラーで対応してくれて助かった


車のレッカー移動は通常専門業者が行いますが、ロードサービスプランが付帯している任意保険に加入していれば追加費用をかけずに近くの整備工場に運んでもらうことが出来ます。
ロードサービスを専門に扱う業者ではレッカー移動をはじめとするロードサービス全般に対応しており、レンタカー乗車時にも依頼出来るため、覚えておくと便利です。専門業者はお客様のどのような状況にも対処できるよう様々なタイプのレッカー車を所有し、経験豊富なスタッフが対応します。
保険に加入していない方やロードサービスプランに加入していなくても、トラブル時に適切にサポートしてくれますのでご心配ありません。

04レッカー車の種類とは?

ロードサービスの一つであるレッカー移動は、故障車両や事故車両、駐車違反車両など、自走させることが出来ない状態の車をその場から移動させるために使用されます。レッカー車は日本自動車連盟のロードサービス業者や自動車修理業者、警察署から委託を受けた車輛移動業者の他、警察や消防、自衛隊などが保有しています。用途に応じたレッカー車の種類や特徴をご紹介しましょう。
レッカー車の種類
・小型レッカー車 ・・・積載荷重は2.000kgであり、軽自動車や普通自動車の牽引をすることができます。
・中型レッカー車 ・・・積載荷重は3.000kgです。
・大型レッカー車 ・・・4トン~8トンまでがあり、大型トラックなど大きな車両のレッカー移動を行う場合に使用されます。レッカーするためのブームのみのものもあれば、ユニック車とセットになっている種類もあります。
装備
・アンダーリフト   ・・・レッカー車の後部に付いているT字型の装置部分で、自動車の車輪または後輪を持ち上げて動かない車の移動をさせます。簡単に車両の下に差し込んで運ぶことができます。
・レッカーブーム   ・・・レッカー車についている装置であり、クレーン部分のことを表します。油圧伸縮式であったり、トラス式も多いです。転倒してしまった車両などをアンダーリフトに乗せて修理工場などへ移動させる際に重宝します。最近ではアンダーリフトと一体化したタイプも多く、作業効率や吊り上げ能力の向上を高めます。
・キャブバッククレーン   ・・・運転席と荷台の間に据え付けられたクレーンのことを表します。交通事故や横転してしまった車をまっすぐに直すことができ、車を上げるのにも使用されています。

FAQ一覧

有限会社矢向自動車工業

PageTop