横浜のレッカー車ならお任せ下さい。

有限会社矢向自動車工業

横浜のレッカー車【ポイントとFAQ】

横浜でロードサービスをお探しの方は、どうぞ矢向自動車工業をご用命ください。
弊社は半世紀に渡り、多くの自動車関連事業に取り組んでまいりました。
自動車解体業、自動車分解整備・板金塗装業、運送業、中古車販売・買取業、道路整備復旧工事など、数多くの事業に取り組んでいることから、自動車に関する技術や知識にはどこよりも精通しており、それをロードサービスにも活かしてどこにも負けない最高のサ

保険 ロードサービス 横浜

ービスを提供しています。
自動車保険に加入すれば、今では無料で利用できるロードサービスが得典の1としてついてきますが、依頼する会社によってサービスの内容は違っています。
実際にロードサービスを利用して、こんなはずではなかったという経験をされた方も多いではないでしょうか?
弊社では、ご連絡いただければ横浜以外でも迅速に現場へ急行して、お客様のことを第一に考え、故障や事故により抱えてしまった不安も解消できるように、最高のサービスと共に安心もお届けすることをお約束いたします。
ご連絡いただければすぐに現場へ急行いたしますし、24時間いつでもロードサービスに関する疑問にお答えする体制も整っています。
まずはお気軽にお電話ください。
皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

01保険のロードサービスとは?

保険で使えるロードサービスの基準をご存知でしょうか?
車を運転していると、様々なトラブルが起こります。
代表的なもので言えば、事故やパンクです。
事故やパンクをしてしまうと、その場から動けなくなってしまいます。
その際は、JAFなどに入っていないと高いので、大体の自動車保険に入っているロードサービスをご利用いただけます。
意外に知られていないのは、バッテリーが上がってしまったり、燃料切れの場合です。
前日から、ルームライトをオンにしたままにしてしまい、朝、エンジンをかけようと思ったらうんともすんともしない…。
もしかしたら、こんな経験あるかもしれせんね。
実はロードサービスでは、このようなバッテリーのトラブルから、燃料切れのトラブルまで対応してくれます。
色々なトラブルに対応しているので、マイカーで困ったことがあれば、一度ロードサービスが利用できるかどうか、保険会社に聞いてみると良いでしょう。

02保険のロードサービスを初めて使う方へ

任意の自動車保険には、ほとんどの場合でロードサービスが付いています。
事故はもちろん、パンク、バッテリー上がり、ガス欠など、さまざまなケースでこのロードサービスは利用可能です。
とはいえ、あまり利用する機会がないことも事実です。
そのため、ロードサービスが付いていることは知っていても、どこに連絡すれば良いのか?
どうやって利用すれば良いのか、わからないことが多いことも事実ではないでしょうか。
結論から言えば、自動車保険証に書かれている電話番号に電話すればOKです。
そこで、パンクやバッテリー上がりなどの症状、住所などを伝えると、オペレーターさんが提携業者を手配してくれます。
1つ注意が必要なのはレッカーに関してです。
レッカーは、自動車は運んでくれますが、基本的に運転手は乗せてくれません。
なので、自動車を工場まで運んでもらったら、運転手は公共交通機関などを利用するようにしましょう。
また、任意保険に附帯しているので、利用したら等級に影響するのでは?と考える人も多いようです。
結論から言えば、ロードサービスを利用しても、等級には影響しません。
しかし、年間で何回までとか、レッカー移動の距離制限がかかっている場合もありますので、その辺りも含めて理想する際は問い合わせてみると良いでしょう。

保険のロードサービスを初めて使う方へ

03保険のロードサービスで損をしない3つのポイント

車を乗っている人なら、ほとんどの人が入っている任意保険。
最近では任意保険には、ロードサービスが付帯しており、いざという時には頼りになるサービスとなっています。
しかし、保険のロードサービスを使うと損をしないのでしょうか?
今回は、保険のロードサービスで押さえておくべき3つのポイントをお伝えします。

1.ロードサービスを使っても等級は下がらない!
大前提として、多くの方が誤解していることがありますが、自動車保険のロードサービスを使っても、保険の等級は下がりません。
なので、安心して使ってください。
等級に影響があると思って使わないということは、保険料を無駄に払ってしまっていることになりますから。

2.けん引などはキロの制限がある
車が自走できない場合、けん引やレッカーをお願いする必要が出てきます。
基本的にはそんなに移動が必要となるケースはありませんが、場合によっては距離の制限以上となってしまう可能性も。
そうなった場合、距離に応じてお金が発生するので注意しましょう。

3.ロードサービスの適用かどうかをちゃんと確認する
ロードサービスの適用の範囲かどうか、まず保険会社のオペレーターに電話したときにちゃんと聞いてみましょう。

04横浜で入会可能な自動車保険に付帯するロードサービスの種類

横浜で入会可能な自動車保険に付帯するロードサービスの種類

自動車保険で加入できるロードサービスの種類について解説します。
今では、ほとんどの自動車保険にロードサービスの特約が付帯していて、契約の際に加入することができます。ただし、保険会社によって差が出やすい項目でもあります。
例えばガス欠でロードサービスを呼びたい時、作業代金は多くの場合、無料で対応してくれますが、その際に充填するガソリン代については、対応がまちまちです。給油した分のガソリン代の請求もありえます。
次にレッカー移動です。車のトラブルの際、動けなくなってしまった場合にはレッカー車で整備工場までの牽引が必要となります。保険付帯のロードサービスでは、レッカーの利用回数や移動距離に制限があります。
他にも、契約初年度での利用の可否、ロードサービス対応地域、宿泊費用サポート、修理後の搬送サポートの有無などにも違いがあります。
いつ不測の事態が起こるかわかりませんし、そのためのロードサービスではあるのですが、自身の運転傾向を理解し、どの程度ロードサービスに頼る必要があるのかを見極めることが、自動車保険選びの際の賢い方法だと言えます。

05自動車保険付帯のロードサービスに対応エリアの制限なし

自動車保険付帯のロードサービスに対応エリアの制限はありません。全国各地のロードサービス業者やJAFがあなたのドライブをサポートしています。
ただ、走るエリアがある程度限定されている場合には、贔屓のロードサービス業者の電話番号を登録していてもいいかもしれません。何かあった際にはすぐに繋がりますし、保険会社を通すよりもすぐに駆けつけてくれます。
ロードサービス専門業者を探す際には、加入している保険会社の提携業者を軸に探していきましょう。もしすでに保険会社経由でロードサービスの提供を受けたことがある場合には、そのときに対応してくれた業者とのつながりを維持することもおすすめします。
優良業者というのは、得てして情報公開への対応に優れています。ホームページ上にはサービス提供の目安の価格から、追加可能なオプションなどが掲載されていることがあります。保険会社のロードサービスはその提供範囲がまちまちなので、すべてが無料で済むケースは稀なのです。ある程度かかる代金が把握できれば、事後のショックも和らぐのではないでしょうか。Q&A も充実していれば、あなたの感じる疑問にすでに先回りした回答があるかもしれません。

FAQ一覧

有限会社矢向自動車工業

PageTop