横浜のレッカー車ならお任せ下さい。

横浜のレッカー車【ポイントとFAQ】

横浜でロードサービスをお探しの方は、どうぞ矢向自動車工業をご用命ください。
弊社は半世紀に渡り、多くの自動車関連事業に取り組んでまいりました。
自動車解体業、自動車分解整備・板金塗装業、運送業、中古車販売・買取業、道路整備復旧工事など、数多くの事業に取り組んでいることから、自動車に関する技術や知識にはどこよりも精通しており、それをロードサービスにも活かしてどこにも負けない最高のサ

保険 ロードサービス 横浜

ービスを提供しています。
自動車保険に加入すれば、今では無料で利用できるロードサービスが得典の1としてついてきますが、依頼する会社によってサービスの内容は違っています。
実際にロードサービスを利用して、こんなはずではなかったという経験をされた方も多いではないでしょうか?
弊社では、ご連絡いただければ横浜以外でも迅速に現場へ急行して、お客様のことを第一に考え、故障や事故により抱えてしまった不安も解消できるように、最高のサービスと共に安心もお届けすることをお約束いたします。
ご連絡いただければすぐに現場へ急行いたしますし、24時間いつでもロードサービスに関する疑問にお答えする体制も整っています。
まずはお気軽にお電話ください。
皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

01保険のロードサービスとは?

保険で使えるロードサービスの基準をご存知でしょうか?
車を運転していると、様々なトラブルが起こります。
代表的なもので言えば、事故やパンクです。
事故やパンクをしてしまうと、その場から動けなくなってしまいます。
その際は、JAFなどに入っていないと高いので、大体の自動車保険に入っているロードサービスをご利用いただけます。
意外に知られていないのは、バッテリーが上がってしまったり、燃料切れの場合です。
前日から、ルームライトをオンにしたままにしてしまい、朝、エンジンをかけようと思ったらうんともすんともしない…。
もしかしたら、こんな経験あるかもしれせんね。
実はロードサービスでは、このようなバッテリーのトラブルから、燃料切れのトラブルまで対応してくれます。
色々なトラブルに対応しているので、マイカーで困ったことがあれば、一度ロードサービスが利用できるかどうか、保険会社に聞いてみると良いでしょう。

02保険のロードサービスを初めて使う方へ

任意の自動車保険には、ほとんどの場合でロードサービスが付いています。
事故はもちろん、パンク、バッテリー上がり、ガス欠など、さまざまなケースでこのロードサービスは利用可能です。
とはいえ、あまり利用する機会がないことも事実です。
そのため、ロードサービスが付いていることは知っていても、どこに連絡すれば良いのか?
どうやって利用すれば良いのか、わからないことが多いことも事実ではないでしょうか。
結論から言えば、自動車保険証に書かれている電話番号に電話すればOKです。
そこで、パンクやバッテリー上がりなどの症状、住所などを伝えると、オペレーターさんが提携業者を手配してくれます。
1つ注意が必要なのはレッカーに関してです。
レッカーは、自動車は運んでくれますが、基本的に運転手は乗せてくれません。
なので、自動車を工場まで運んでもらったら、運転手は公共交通機関などを利用するようにしましょう。
また、任意保険に附帯しているので、利用したら等級に影響するのでは?と考える人も多いようです。
結論から言えば、ロードサービスを利用しても、等級には影響しません。
しかし、年間で何回までとか、レッカー移動の距離制限がかかっている場合もありますので、その辺りも含めて理想する際は問い合わせてみると良いでしょう。

保険のロードサービスを初めて使う方へ

03保険のロードサービスで損をしない3つのポイント

車を乗っている人なら、ほとんどの人が入っている任意保険。
最近では任意保険には、ロードサービスが付帯しており、いざという時には頼りになるサービスとなっています。
しかし、保険のロードサービスを使うと損をしないのでしょうか?
今回は、保険のロードサービスで押さえておくべき3つのポイントをお伝えします。

1.ロードサービスを使っても等級は下がらない!
大前提として、多くの方が誤解していることがありますが、自動車保険のロードサービスを使っても、保険の等級は下がりません。
なので、安心して使ってください。
等級に影響があると思って使わないということは、保険料を無駄に払ってしまっていることになりますから。

2.けん引などはキロの制限がある
車が自走できない場合、けん引やレッカーをお願いする必要が出てきます。
基本的にはそんなに移動が必要となるケースはありませんが、場合によっては距離の制限以上となってしまう可能性も。
そうなった場合、距離に応じてお金が発生するので注意しましょう。

3.ロードサービスの適用かどうかをちゃんと確認する
ロードサービスの適用の範囲かどうか、まず保険会社のオペレーターに電話したときにちゃんと聞いてみましょう。

04横浜で入会可能な自動車保険に付帯するロードサービスの種類

横浜で入会可能な自動車保険に付帯するロードサービスの種類

自動車保険で加入できるロードサービスの種類について解説します。
今では、ほとんどの自動車保険にロードサービスの特約が付帯していて、契約の際に加入することができます。ただし、保険会社によって差が出やすい項目でもあります。
例えばガス欠でロードサービスを呼びたい時、作業代金は多くの場合、無料で対応してくれますが、その際に充填するガソリン代については、対応がまちまちです。給油した分のガソリン代の請求もありえます。
次にレッカー移動です。車のトラブルの際、動けなくなってしまった場合にはレッカー車で整備工場までの牽引が必要となります。保険付帯のロードサービスでは、レッカーの利用回数や移動距離に制限があります。
他にも、契約初年度での利用の可否、ロードサービス対応地域、宿泊費用サポート、修理後の搬送サポートの有無などにも違いがあります。
いつ不測の事態が起こるかわかりませんし、そのためのロードサービスではあるのですが、自身の運転傾向を理解し、どの程度ロードサービスに頼る必要があるのかを見極めることが、自動車保険選びの際の賢い方法だと言えます。

05自動車保険付帯のロードサービスに対応エリアの制限なし

自動車保険付帯のロードサービスに対応エリアの制限はありません。全国各地のロードサービス業者やJAFがあなたのドライブをサポートしています。
ただ、走るエリアがある程度限定されている場合には、贔屓のロードサービス業者の電話番号を登録していてもいいかもしれません。何かあった際にはすぐに繋がりますし、保険会社を通すよりもすぐに駆けつけてくれます。
ロードサービス専門業者を探す際には、加入している保険会社の提携業者を軸に探していきましょう。もしすでに保険会社経由でロードサービスの提供を受けたことがある場合には、そのときに対応してくれた業者とのつながりを維持することもおすすめします。
優良業者というのは、得てして情報公開への対応に優れています。ホームページ上にはサービス提供の目安の価格から、追加可能なオプションなどが掲載されていることがあります。保険会社のロードサービスはその提供範囲がまちまちなので、すべてが無料で済むケースは稀なのです。ある程度かかる代金が把握できれば、事後のショックも和らぐのではないでしょうか。Q&A も充実していれば、あなたの感じる疑問にすでに先回りした回答があるかもしれません。

06横浜で保険会社を通してロードサービスを依頼する際の費用の目安

ドライブ時のトラブルは、できるだけ避けたいものの一つです。しかし自動車といえどもモノですから、故障するときは故障してしまうのです。
緊急時に頼りになるのがロードサービスです。保険会社を通じて対処を依頼する場合には、保険サービスの一環として扱われるため無料で利用することができます。これはクレジットカードに付帯するロードサービスも同様です。ただし、保険付帯にしろクレジットカード付帯にしろ、対象ロードサービスには一定の制限が課されています。

横浜で保険会社を通してロードサービスを依頼する際の費用の目安

レッカー車の移動距離、対処依頼の頻度などです。無制限に無料で利用できるとは考えないほうが無難です。
多くの場合、電話一本でロードサービスを利用できますが、稀にその場で支払いが必要な場合があります。のちほど振込などで返金されるのですが、一時的とはいえ現金を用いることに抵抗感がある方もいらしゃるかもしれません。その際は支払う必要のない保険会社のプログラムやクレジットカード会社のロードサービスオプションを選ぶことが重要です。
ロードサービスは加入の義務はありませんがドライブをより楽しむため、転ばぬ先の杖として装備しておくことをおすすめします。

07横浜市で自動車保険を通してロードサービスを依頼する際の3つのポイント

01事前に対象となるサービスを確認しましょう。


ロードサービスは、契約している自動車保険・クレジットカードなどで中身が異なります。まずはご自身について、どういった内容のロードサービスが付帯されているのかチェックしてみましょう。具体的には、「無料でレッカーしてくれる距離」「燃料の補充の可否」「修理可能な故障もしくは破損箇所」「宿泊と代車」などです。一見対応しているように見えても距離数や日数で制限がつく事が多いので、念入りにチェックすることをおすすめします。

02自己負担となる部分がないか確認しましょう。


上記作業に準じて、どういったトラブルの際に自己負担が発生するのかも事前に把握できていれば、より気をつけた運転になるでしょうし、トラブルの際にパニックにつながりませんのでおすすめです。

03いざというときに頼れる業者を探しましょう。


自動車保険付帯のロードサービス対応業者の中には加入者の住居に比較的近い場所にある業者もあることでしょう。事故や故障は遠出した時に起こりがちなイメージがありますが、トラブルの回数で言えば、近所でもその発生確率は変わりません。近くで頼りになる業者を見つけておくことも快適なドライブのサポートになります。

08保険のロードサービスを使うときに気をつけるべき他社との違いとは?

保険のロードサービスというのは、さまざまな活用シーンがあります。
事故やパンクはもちろん、細かいものだとバッテリーが上がってしまったり、ガス欠などもロードサービスを使ってOKというものになります。
そんな中で、当社が他社と違うのは、ロードサービスで出動するサービスカーの多さにあります。
ロードサービスの利用用途や緊急性によって、車を変えており、目的に応じてさまざまな場所にロードサービスとして向かいます。
サービスカーには、バッテリーあがりやスペアタイヤ交換などに使う作業用の道具を一式揃えているので、現場でできることは迅速に対応していますし、ガス欠の場合もガソリンをお持ちします。
当然、事故などで動けない場合も、トレーラーや牽引ロープもご用意しているので、さまざまなケースに対応できる準備が整っています。
24時間365日対応できるよう、準備を怠らずにいるので、深夜や早朝でも安心して呼んでもらえるのが、他社との大きな違いだと言えるでしょう。

09横浜市で自動車保険付帯のロードサービスを利用する際の相談事例

  • 横浜市で自動車保険付帯のロードサービスを利用する際の相談事例

    自動車運転時のトラブルは、機械を操縦している以上なかなか避けることができません。そこで多くの方が任意の自動車保険に加入していたりロードサービスに加入したりしています。
    自動車保険の中にはロードサービスを特約として付帯しているものもあります。ただ、この利用法をうまく理解していない方が多く、どうやって使えばいいのかよくわからないという相談が寄せられています。今回は自動車保険付帯のロードサービスの利用法を解説しましょう。
基本的に日本国内での自動車トラブルにはJAFもしくはJAF提携の整備業者が現場に急行します。自動車保険付帯のロードサービスの場合はJAFに直接連絡するのではなく、自動車保険会社のコールセンターに電話しましょう。そこから担当者に繋がり、応急処置や代車の手配を要請します。
自動車保険付帯のロードサービスと一言に言っても、パッケージによりそのサポート内容は異なります。月々の利用料を払っていても、いざと言う時に使えない内容であれば特約の意味がありません。折を見て自動車保険の内容を見返し、自分の運転スタイルに合った自動車保険やロードサービスを選択するように心がけましょう。

10横浜市で保険付帯のロードサービス利用を検討する際によくある3つの質問

保険付帯のロードサービス利用を検討する際によく出る、3つの質問にご回答しましょう。
質問
保険付帯のロードサービスとJAF提供のロードサービスに違いはありますか?
回答
受けることが出来るサービスの質はほぼ同じと言えるでしょう。保険付帯のものでも、JAFが絡むものでも、対応してくれるロードサービス業者はほとんどの場合同一なのです。しかし、自動車保険に付帯するロードサービスには各種制限があります。受けるサービスの質は同じでも料金が変わってくるのです。
質問
自動車保険付帯のロードサービスはどうやって確認できますか?
回答
自動車保険契約を結んだ際にロードサービス特約を結んだ方が対象です。まずは契約書を隅々まで確認しましょう。
質問
お得な付帯ロードサービスなどはありますか?
回答
自動車保険付帯にはさまざまなバリエーションがあります。トラブルへの急行回数、ガソリン補給、トラブル時の宿泊施設の利用などで差があります。ご自身の走行スタイルに合わせて保険自体の内容とロードサービス特約の内容も深く検討すれば、お得に安心と快適さを得ることができます。

11横浜市で保険を利用したロードサービスに関して業者選びをする際の注意

POINT 保険を利用したロードサービスが、近年注目を集めています。
従来、JAFに登録すると受けることのできたロードサービスの多くを自動車保険やクレジットカードに付随する保険特約で賄うことができるのです。厳密に言うと、サービスの利用回数であったり質がJAFのものとは異なるので、一概に同じものとは言えないのですが、それでも追加負担無しでロードサービスの利用権を入手できることはドライブの安全をより高めてくれるものと言えます。
さて、こうしたロードサービスですが、多くの場合保険会社やカード会社のオペレーターを通してトラブル解決の依頼をすることになります。もしご自身のお住いの地域でトラブルに見舞われた際には、そのときに対応してくれたロードサービス提供業者の連絡先を控えておきましょう。
対応のいい業者に当たったなら、次回以降もその業者を指定しサービスを受けられるようにすれば、いざというときにパニックになることも少なくなりそうです。事故やトラブルは突発的に起こるものです。準備はこまめに行っておきましょう。

12横浜市で保険を使ってロードサービスを依頼する際に使える業界用語

自社製作車輌

ロードサービスを行う事業者の中には、使い勝手のいい作業車両を自社で製作してしまうところも少なくありません。
メーカーが作成する作業車両は広範囲に対応可能な点でオールマイティと言えますが、地域や走行している自動車やトラックの種類によっては、個別に対応が必要なシーンも度々出てくるものです。こうした特殊なケースに備えるべく、牽引装備やクレーン、消火機器など、使い勝手のいいように作業車両を製造していきます。
また、自社で法律に則った車両の改造ができるということは、トラブル処理だけでなく自動車そのものへの知識が深いということも理解できます。より安心してトラブル対応をお願いできると感じる方も多いのではないでしょうか。
作業中の使い勝手の良さに加え、自社のアピールにも使える自社製作車輌、今後導入する業者も増えていくかもしれません。トラブルに遭遇した際に丁寧に対応してくれた業者は電話番号などを登録しておくと、今後のドライブの際の転ばぬ先の杖になるかもしれません。おすすめです。

FAQ一覧

お役立ち情報

レッカー車はどんなときに必要になるのかを紹介しています。
展開
無料のロードサービスを利用できる方でも、レッカー移動を断られる場合もあり、それはどのようなケースなのかも記載されているので、気になる方はぜひご覧ください。
詳細情報

PageTop

Copyright(C) 有限会社矢向自動車工業 All Right Reserved.