川崎のレッカー車ならお任せ下さい。

川崎のレッカー車【ポイントとFAQ】

矢向自動車工業では、愛車のトラブルに迅速に対応するロードサービス事業を行っています。
我々はお客様の「助かったよ」のために、連絡をいただければすぐに現場へ急行できる体制をしっかり整えています。
今では自動車保険やクレジットカードに、ロードサービスが無料で付随されているのが当たり前になっていますが、当社ではどこよりもお客様のことを第一に考え、ベストなサービスを提供することを目指して、日々サービスの向上に努めています。

保険 ロードサービス 川崎

これまでの長い歴史と実績の中、多くのお客様に誠意をもって対応してきたことから、お陰様でたくさんのリピーター様を獲得できました。
そのほとんどが弊社の気持ちのこもったサービスを気に入ってくださり、いつも感謝のお言葉をいただいております。
もちろん誠意をもって対応するだけではなく、ロードサービスに使用する車両や技術も時代と共にどんどん新しいものを導入して、最高のサービスを提供し続けています。
24時間体制で皆様からのご連絡をお待ちしておりますので、愛車のトラブルが起きた場合は、是非弊社まで迷わずお電話ください。
もちろんロードサービスについて聞きたいことがございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

01自動社保険のロードサービスとは

車を所有している方の多くは、ドライブ中にいろいろなトラブルに遭遇してしまうことがありますが、そんなときの強い味方になってくれるのが自動車保険です。
自動車保険にはさまざまな種類があり、加入する保険や種類によっても補償される内容も異なりますが、今ではほとんどの自動車保険にロードサービスがつけられています。
ロードサービスの内容や利用した場合にかかる費用も加入する保険によって異なりますが、バッテリー上がり、ガス欠、とじ込みキーなど車を運転していて良く起きるトラブルには無料で対応してもらうことができるようになっています。
最近では現場で行うサービス以外にも車で移動ができなった場合にレッカー移動はもちろん、自宅や目的地まで行くための交通費を補償してもらえる保険もあって、さらに宿泊費やレンタカー費用までサポートしてもらえるケースもあります。
民間のロードサービスに加入している方でも自動車保健に加入する場合は、既存のものでは補償の対象外となっているものもありますので、これから自動保険に加入することを予定している方は、補償内容を詳しく確認することをおすすめします。

02初めて加入している自動車保険のロードサービスを利用する方に

自動車保健に加入すれば、今ではロードサービスが付帯しているのが当たり前となっています。ロードサービスでは多くのサービスを無料で利用できるようになっていますが、レッカー車などを利用する場合は、加入している保険によって料金が発生することもあります。
たとえば、保険会社が指定している修理工場までけん引してもらう場合は無料となっていても、それ以外の修理工場に持ち込んだ場合は料金が発生します。
けん引してもらう距離によって、無料かどうかが決まることも多く、その場合は「○○キロメートルまで無料」と条件が記載されているので、それに合わせてけん引先を選択するのも良い方法です。
また、交通事故を起こした場合に、警察の指示により事故車をすぐにレッカー移動させなければいけない場合もあって、緊急避難を余儀なくされた場合は、保険会社が手配するレッカー車を待てないこともあります。
その場合は、事故現場の近くにあるレッカー会社に依頼して車を移動してもらわなくてはいけませんので、必然的に費用が発生することになります。しかし、その際に発生した費用は事故に関わる損害を考えられ、多くのケースで保険の対象となります。

初めて加入している自動車保険のロードサービスを利用する方に

03ロードサービスに関することで良くある3つのお悩み

1.ロードサービスに対応してもらえる範囲は
利用するロードサービスの種類によっても異なりますが、自動車保険やクレジットカードなどに付属しているサービスのほとんどは全国対応しているため、全国どこにいても利用できる場合がほとんどです。
民間のロードサービスを利用する場合は、対応エリアを確認する必要がありますが、近くに拠点がある場合は迅速に対応してもらえるメリットがあります。

2.レッカー移動後の修理はどうなる?
ロードサービス利用後の自動車の修理に関しては、利用者が指定した工場で修理を行うのが一般的ですが、ロードサービス会社で提携している整備工場などにレッカー移動などをして修理入庫することも可能です。
修理工場に心当たりがない場合は、遠慮なくロードサービス会社に尋ねてみるといいと思います。

3.レッカー移動中に車体に傷はつかないの?
利用するロードサービスによっても対応は異なりますが、レッカー移動を行う際にはその前に車体の状態や傷などを確認したうえで十分な注意を払いながら陸送しているので、車体に傷をつけられる過度な心配は必要ないと思います。
それでも気になる場合は、万一傷がついた場合などの対応の仕方を事前に確認しておきましょう。

04保険会社によってロードサービスの種類や内容は違う?

保険会社によってロードサービスの種類や内容は違う?

車を運転していると常に事故や故障などのトラブルを想定しておかなくてはいけませんが、万一のときに備えて自動車保険に加入しておくと安心です。
そんな頼れる自動車保険を選ぶときの大きなポイントになるのがロードサービスです。ロードサービスとは、車に関するあらゆるトラブルが起きたときに、速やかに現場に駆けつけて応急処置などをしてくれるサービスで、ガス欠を起こしてしまったり、閉じ込みキーをしてしまったり、側溝などに脱輪させてしまったりしたときでもしっかり対応してくれます。
今では自動車保険にロードサービスが付帯していて、保険によってはロードアシスタンスやアシスタンスサービスなどといった名称がつけられているケースもあります。大抵は基本サービスの一部となっていて、サービスを利用しても等級が下がることないため、その後の保険料を気にすることなく活用できます。
気になる保険会社別のロードサービスの内容の違いですが、全ての保険会社のサービスが同一ではありません。
提供されるサービスの種類はどの保険でも大体一緒ですが、保管会社によってサービスを受ける回数や有料になった場合は料金に違いがあるため、保険の内容と合わせてロードサービスの内容をしっかり見極めて加入を決めることをおすすめします。

05川崎・東京でもロードサービスを提供

横浜市鶴見区と神奈川区に拠点を構え、川崎、東京などでもロードサービスを行っています。
横浜市鶴見区にはJR京浜東北線、鶴見線、京急線の3路線が通っていて、横浜駅には約10分、川崎へは約3分、都心への乗り換えなしで行くことができるとても交通の便が良い地域です。
かつては工場地帯で治安もあまり良くないイメージがありましたが、現在は鶴見駅前の再開発も進んで、犯罪率も劇的に減少しているため、治安が良い女性が一人でも安心して住めるエリアとしても人気となっています。
鶴見区の街は再開発により一変しました。駅前には商業施設やドラックストアやさまざまなジャンルの店舗が並び、西口と東口には商店街も広がっているので、駅前で生活用品は一通りそれ得られます。
飲食店もかなり充実していてスーパーマーケットも複数あるため、日々の買い物に困ることはありません。
鶴見区では外国人の受け入れにも力を入れていて、横浜市内では外国人が2番目に多いため、外国人と触れ合いたい方にもおすすめのエリアです。
治安が良い街として変化を遂げた鶴見区には、子どもも大人も楽しめる場所も充実していて、最近人気のスーパー銭湯もできていて、どんどん新しいものを取り入れています。

06ロードサービスを利用した際にかかる費用を抑えるには

年式の古い中古車を所有している方は、自動車事故に逢わなくてもいつ故障でマイカーが自力走行でなくなるか不安を感じている方も多いことでしょう。中にはすでに何度も自力走行でなくなってロードサービスを呼んで高額な費用がかかってしまった経験をされている方もいると思います。ロードサービスにかかる費用を抑えるためには、任意の自動車保険に加入する、もしくはクレジットカードを作るという方法もあります。
現在は任意の自動車保険に加入すれば、ほとんど場合無料で受けられるロードサービスが付帯してきます。

ロードサービスを利用した際にかかる費用を抑えるには

同様に、クレジットカードを作るだけでもロードサービスが受けられるようになっています。
ただし、これらはロードサービスを使用できる回数が決まっていたり、レッカー移動をしてもらう場合は費用がかかったりすることもあります。したがって、任意保険に加入する場合やクレジットカードを作る際には、特典としてどのような内容のロードサービスが付帯してくるかを事前にきちんと確認することを推奨します。
自動車保険にも加入したくなくて、クレジットカードも作りたくないという場合は、いざというときに安くサービスを提供してくれる業者を探しておくと良いでしょう。そのときにはサービスに対応してくれるスピードなども重視しましょう。

07保険のロードサービスに関することで覚えておくべき3つのポイント

01ロードサービスは任意保険に付帯している


保険に加入すれば自然に無料でロードサービスを受けられると思っている方もおられるようですが、ロードサービスは任意保険に加入しなければ受けることができません。
ロードアシスタンスやアシスタンスサービスなどと呼ばれていることもありますが、ほとんどの自動車保険(任意保険)に現在は付帯しているので、サービスの内容を比較して加入する保険も決めると良いと思います。

02自動車保険のロードサービスと民間との違い


民間の何度利用してもサービスを無料で受けられる有名なロードサービスもありますが、自動車保険のロードサービスは契約している車が対象なのに対して、民間の場合は入会している会員が対象になるケースが多いようです。
また、民間の場合は無料サービスと言っても年会費を納める必要があり、自動車保険の場合は年会費を支払う必要はありません。

03自動車保険のロードサービスでも有料になることもある


自動車保険にもいろいろな種類があって、付帯しているロードサービスの内容はほぼ一緒となっていますが、レッカーサービスやガス欠に対するサービスなどは有料になることが多いようです。
レッカーサービスの場合は移動距離によって費用が発生してくるケースが多く、ガス欠の場合は年に一回などの回数制限を設けていることが多いみたいです。

08ロードサービスは保険会社によってどんな違いがあるの?

自動車保険に付帯してくるロードサービスは、車の運転中に何かトラブルがあったときにすぐに駆け付け助けてくれるとても頼りになるサービスです。
特にメカに弱くてタイヤがパンクしたときに自分でスペアタイヤに交換できないような方には、ぜひ加入しておきたいサービスです。
自動車保険に加入する際には、保険料と保険内容だけに注目する方がほとんどのようですが、ロードサービスの内容も加入する保険によって変わってくるため、その違いもしっかりと確認することをおすすめします。
スペアタイヤの交換以外にも、バッテリー上がり、とじ込みキー、事故を起こしてしまったときのレッカーサービスなど、車に関わるトラブルにはいろいろなものがありますが、サービスによって無料で提供されるものもあれば、有料になってしまったり、利用する回数や時間によっては無料ではなくお金が掛かったりしてこともあります。
たとえば、走行中にガス欠を起こしてしまったときには、年に一回や保険期間中は一回までなら無料などの制限を設けている会社が多いようです。
レッカーサービスも、距離によってお金が発生することもあるので、有料になってしまうサービスを探して比較してみましょう。

09自動車保険のサービスに加入する際に良くある相談

  • 自動車保険のサービスに加入する際に良くある相談

    自動車保険に加入すればロードサービスを無料で受けられる特典などがありますが、自動車保険のサービスに関することで相談されることが増えています。
    最近では知らない間に自分が無料で利用できるロードサービスの権利を持っていたという人も多くなっていて、自動車保険の他にもロードサービスはクレジットカードや火災保険などにも付帯しています。
そのことを認識している方も増えていて、自動車保険を選ぶときにはロードサービスの内容を重視する方もたくさんいるようです。
保険会社が提供しているロードサービスの内容に大きな差異はありませんが、無料で利用できる範囲や利用条件などには差があるのが現実です。
また、自動車保険に加入すれば無条件でロードサービスが付帯してくることもあれば、特約になっているケースもあるので注意しなくてはいけません。特にネット専用のダイレクト保険の場合は、ロードサービスが別料金になっていることがあるようです。
自動車保険に加入する際には、ロードサービスの内容よりも保険そのものも条件などをしっかり確認して、足りない部分はクレジットカードや火災保険や民間のロードサービスなどでカバーすることも検討しましょう。

10多く寄せられる3つの質問とは

質問
自動車保険のロードサービスで相手車両もレッカーしてもらえるの?
回答
たとえ自動車保険に加入して、無料でレッカー車を利用できるとしても、事故の相手の車を移動させるためにロードサービスを利用することはできないこととなっています。
また、自分が前に乗っていた車でも、廃車の場合はロードサービスを利用することはできません。その理由は、基本的にロードサービスは走行中に走れなくなった場合しか対応してもらえないからです。
質問
事故を起こした車をすぐにレッカーしてもらっても良いの?
回答
交通事故を起こした際には、ほとんどの方がパニックになって対応を誤ってしまうことがありますが、事故を起こしたらレッカーする前に必ず警察を呼んで現場検証してもわらなくてはいけません。
たとえ小さな事故で、事故を起こした相手とその場で示談できたとしても、警察への連絡を怠ってはいけません。
いずれにしてもレッカー車を呼んでもすぐには来てくれないので、その間に冷静になってまずは警察に連絡しましょう。
質問
保険会社によってロードサービスの内容は違うの?
回答
今ではほとんどの自動車保に自動的にロードサービスが付帯していますが、全ての保険会社のロードサービスの内容が同じではありません。
対応してもらえるサービスの項目はほぼ一緒ですが、詳しく内容を確認すれば違いがいろいろ見えてきます。たとえば、保険会社によってサービスを受けられる回数が異なっていたり、バッテリーの交換作業などにも違いがあります。

11ロードサービスを選ぶ際の注意点

POINT 自動車保険に加入すれば、特に追加費用を支払わなくても今ではロードサービスが不随してきますが、保険会社によって利用できるロードサービスもその内容も異なります。
もちろん、自動車保険にも数多くの種類があり、どの保険に加入するかはメインである保険の補償内容を確認して決めれば良いわけですが、車を長く運転していれば自動車事故や故障などのトラブルに逢う可能性がどんどん高まりますので、そのときの安心材料となるロードサービスで受けられるサービスの内容も重要な保険選びのポイントになります。
ロードサービスはどのようなサービスを利用しても無料だと勘違いしている方も多いようですが、例えば事故や故障などによって車をレッカーしてもらう場合は、有料になるケースが多いです。一定の距離までは無料でも、それを超えれば有料になるとか、指定の修理工場までなら無料など、保険会社によって条件は異なります。
また、無料で利用できる回数が決められているサービスもあるので、その点にも注意が必要です。
拠点数が身近に多いかどうかもポイントで、拠点数が少ないと何かあったときに駆けつけてもらうまでに長く待たされる可能性が高くなります。

12あまり知られていないロードサービス用語

レッカーサービスやレンタカーサービスなどは、ロードサービスの種類として良く認識されていますが、世間一般的にあまり知られていないサービスもいろいろあります。
例えば「帰宅費用サービス」とは、レッカーサービスなどを利用してマイカーを使用できなくなった場合などに、事故現場などから自宅まで帰宅するための交通費が支払われるサービスです。このサービスを利用するときには、自宅までの距離に制限が設けられているケースが多く、代替の交通手段も電車やバスなどの公共交通機関を利用することに限定されている場合がほとんどです。
「宿泊費用サービス」とは、事故などのトラブルが起きて当日帰宅が困難な状況となり、夜遅いなどで公共交通機関も利用できないなど、やむを得ない事情により現地でホテルなどに泊まることになった場合に宿泊費を負担してもらえるサービスです。こちらも、自宅から遠く離れた場所でなければいけないなどの制限が設けられているケースが多いです。
「GPS位置情報通知サービス」とは、携帯電話のGPS機能を利用することで、知らない土地などでトラブルが起きた際に所在地を確実に知らせることができるサービスです。

FAQ一覧

ロードサービスが何度でも受けられる自動車保険
川崎で保険を利用してロードサービス
安い自動車保険でもロードサービスの対応
保険のロードサービスとJAFだったらどっちがおすすめ?
至急ロードサービスを呼びたい!
保険適用範囲内でロードサービスをお願い
自動車保険のロードサービスでトラブル対処
ロードサービス利用で等級が下がりますか?
ガス欠でも保険のロードサービスは使えるのか
ロードサービス付帯の保険に加入するべきか
自動車保険やクレジットカードや民間のロードサービス内容は違う?
川崎で保険のロードサービスを利用するとき
レンタカー走行中にロードサービス利用
保険のロードサービスの使い方
車の中にキーを入れてしまった場合の対応
キーの閉じ込みに対応
ロードサービス利用で必要な書類
ロードサービスを利用して保険料アップ
エンジンがかからない場合の連絡先
ロードサービスの保険付帯との違い
自動車保険のロードサービス内容
ロードサービスを使うと保険料はアップ?
自動車保険のロードサービス選びの注意点
保険会社によってロードサービスの内容
保険のロードサービスを利用して無料でレッカー移動
警察にロードサービスを手配された場合のレッカー代

お役立ち情報

レッカー車を利用するときにかかる費用
展開
無料でロードサービスを利用できない場合に、レッカー移動にどのくらの費用がかかるのかについて紹介しています。
裂開移動にかかる費用に相場はありますが、時間帯や場所や状況などによってもかかる費用は変わってきます。
詳細情報

PageTop

Copyright(C) 有限会社矢向自動車工業 All Right Reserved.