横浜のロードサービスならお任せ下さい。

横浜のロードサービス【ポイントとFAQ】

矢向自動車工業は、自家用車やトラックのトラブルに24時間迅速に対応しております。
車両のレッカー移動、ロードサービスが必要な方は、迷わず弊社にご用命ください。
私たちは港町横浜を中心に、皆様のカーライフをサポートできる体制を整えています。
横浜で昭和38年に会社を設立して以来、自動車解体業、中古自動車買取及び販売、自動車中古部品販売、運送業、レンタカー事業など

レッカー ロードサービス 横浜

ありとあらゆる自動車関連事業を行ってきて、長年の経験から培ってきた知識とノウハウを活かして、ロードサービス事業も開始しました。
車を運転していると、事故や故障はつきものです。
多くの自動車事業に携わる中で、私たちがロードサービスを提供することを使命であると感じて、皆様に納得してもらえるサービスを提供しています。
車のトラブルは、早朝、深夜を含め、いつ何時起こるか分かりません。
弊社では、お客様からの要請を受けてすぐに現場へ急行できるようなシステムを、しっかり整えています。
急なトラブルでなくても、ロードサービスの内容や、料金などについて知りたい方は、いつでも遠慮なくお問合せください。皆様からのご連絡をお待ちしております。

01横浜でレッカー移動やロードサービスを専門にしている業者とは?

車の運転時には思いがけないトラブルに見舞われることがあります。車のパンクやバッテリー上がり、ガス欠、車が自力で走行しないなど、他の車との接触や事故ではない問題が起きた時に現場に駆け付け、処置してくれるのがロードサービスです。保険会社の多くが自動車保険にロードサービスを付帯しています。
保険会社によりカバーする範囲やサービス内容が異なり、ロードサービスをオプションとしている場合もあるため、加入時に確認が必要です。
加入されている保険のロードサービス外であるケースや、無料で受けられる範囲を超えた場合はどうすればよいでしょうか。その場合は有料でサービスを受けることになります。有料であればどこのロードサービスへ依頼しても同じであり、保険会社以外の業者の方が料金が安い場合もあります。もしもの時は迅速な解決が望まれますから選択肢があると安心でしょう。
横浜に、横浜・川崎・東京エリアに対応しているレッカー移動、ロードサービス業務を行っている会社があります。24時間365日稼働していて、乗用車からトラックまで対応可能です。
ほとんどの車輛を自社で制作しており、様々なタイプのレッカー車を完備。現場の状況や運ぶ車の種類によって最適なレッカー車が向かいます。
横浜・東京エリアの方は緊急時の助けにチェックして置かれるとよいでしょう。

02ロードサービスを初めて利用される方

若者のクルマ離れが騒がれていますが、車に興味がない若者が多くなったのでしょうか?
2021年に新成人となった人の運転免許保有率は51.3%と約半数が自動車免許を持っており、マイカー所有率は14.4%と7人に1人が所有しています。10年前のデーターによる免許保有率は51.8%、マイカー所有率は25.3%で、4人に1人が所有していたことから、車への興味は変っておらず、所有率だけが変わったことになります。経済的負担の大きい車を所有するのではなく、共有するカーシェアを利用する人が増えています。
都市部では交通網が発達しているため普段の生活で車の必要性がない人が多く、必要な時に気軽に利用出来るカーリースが都合がいいと言えます。
リースした車に乗車中、もしパンクやキー閉じ込みをしてしまったらロードサービスをどこへ頼めばよいだろうと慌てるかもしれません。自動車保険に加入していない場合にロードサービスを利用する際は、ロードサービスを専門にしている業者へ依頼することが出来ます。
保険会社が付帯しているロードサービスと同じ内容のことに対応していますし、マイカー、レンタカー問わず、会員でなくても利用できる点が有利です。ロードサービスが初めての方にも丁寧な説明がありますのでご安心ください。

ロードサービスを初めて利用される方

03レッカー移動が必要な場合の3つのお悩みトラブル

車が急に動かなくなることは想像しがたいものです。しかし、車を運転されている方であればご存知のように、車輛トラブルはいつ起こるか分かりません。買い物に出かけようとした時、旅行中、お子様を塾に迎えに行く時など、思いがけないタイミングで故障することがあるため、万が一の場合でも対処できる方法を知っておく必要があります。
このような事態に遭われた方からのご相談から3つのお悩みを挙げました。

1.出発しようとしてもエンジンがかからず出先で立ち往生している

2.バッテリー上がりで応急処置をしても復帰しない

3.自宅から修理工場へレッカー移動したいが、任意保険のロードサービスは対応していない


自動車の任意保険に付帯しているロードサービスは原則として走行中、公道でトラブルに見舞われた時に対処するものです。出先でバッテリー上がりが起こった場合や、ガス欠が起こればロードサービスが利用できます。一方、ご自宅で故障が発覚し、修理工場までレッカー移動が必要な場合はロードサービスが利用できません。この場合はJAFや民間のロードサービス会社にレッカー移動を依頼することになります。
任意保険に加入されていない場合や、ロードサービスが付帯されていない保険に加入されている場合もロードサービス会社が対応してくれます。24時間稼働していますので、もしもの時に備え依頼出来る会社を選んでおくと安心です。

04ロードサービスの種類について

多くの保険会社が自動車保険にロードサービスを付帯して様々なサービスを提供しています。車の運転中に起こる様々なトラブル時に駆けつけてくれるサービスとして心強いものです。ロードサービスに含まれる主なサービスの種類は次のとおりです。
〇故障、トラブルへの対応
・車のパンク/ガス欠/キー閉じ込み/バッテリー上がり/落輪/オイル漏れなど
〇レッカー移動
・車が自力で走行出来ない場合、現場から修理工場までレッカー移動させるサービス。無料範囲内での移動距離、条件は会社ごとに異なります。
〇宿泊費、移動交通費サポート
・遠方の事故や故障のため、現地での宿泊費や移動の交通費、レンタカーが必要な場合の費用を負担してくれるもの。ペットホテルの費用負担が含まれるケースもあります。
自動車保険に付帯するサービスは、利用に対して回数の縛りがあったり、レッカー移動時の移動距離に差があります。遠方でレッカー移動が必要となった場合、無料対応距離を超えた分は自己負担になります。また、保険会社によってサービスの差が出やすいのが宿泊・交通費用のサポート内容です。
どのサービスも付いていることだけではなく、無料範囲や利用可能な回数を比較することがポイントになるでしょう。
ロードサービスはそれを専門としている会社に直接依頼することが可能であり、トラブルに遭った方がご自身以外の車に乗車中でもサービスを受けることが出来ます。高い自動車保険に加入されなくても、必要時にだけサービスを受けられるロードサービス会社を利用するというのも選択肢の一つでしょう。"

05レッカー車を自社で製作しているロードサービス会社の対応エリア

車の事故や故障により自走ができない場合、ロードサービス会社へレッカー移動を依頼しなくてはいけません。ロードサービス会社はどのような車輛の依頼がくるか分からないため、あらゆるケースに応じたレッカー車を所有していますが、横浜に拠点を置くロードサービス会社は一風異なります。それは、アタッチメントをはじめ、道具からレッカーの細部に至るまで自社でレッカー車を製作している点です。
このお話をすると「え?」と思わず声に出される方が多いほど、珍しいことです。まさに職人堅気で熱心なドライバーが多いことを表し、これまでの現場経験を生かして機動性のある理想的な車輛の実現を可能にしたのです。
職人が使いやすいよう道具をリメイクするのと同じように、他社にはない部品や装置を生み出したのです。
このことから、他社が断るような現場への出動も可能とし、緊迫する現場、一刻を争う場面に大きな貢献をされています。
他に見ないラインナップの多さで、いつでも出動態勢が取れているため、お客様をお待たせしません。
こちらのロードサービス会社が対応しているのは、東京都、神奈川県エリアです。万が一の際には是非、ご相談されるとよいでしょう。

06ロードサービス会社のレッカー引取り料の目安

車の故障や事故以外に、ご自身で車の移動ができないケースは色々あります。

・車検をとろうか迷っているうちに動かなくなった
・引越しをしたが前の住まいに自動車を放置したままである
・自動車を置いたままで急な海外転居が決まった
・持ち主死亡による相続自動車の廃車手続きをしたい
・車検切れや不動車の廃車代行業者を探している

ロードサービス会社のレッカー引取り料の目安

このような時にはレッカー移動、廃車手続きを行ってくれるロードサービス会社を利用するのが得策です。横浜の会社ではレッカー移動のほか、事故車や故障車、車検切れ車などの出張引取りを行っており、解体・廃車の引き取り料は無料で対応しています。廃車手続きの登録申請の代行も依頼できるため、お時間のない方にもお勧めです。
こちらの会社にレッカー引取りを依頼した場合の費用の目安をお聞きしました。価格は変動することがありますので参考までに参照ください。
レッカー引き取り料  ¥14,700
会社より引き取り場所が10q以内。1qを超えるごとに\500増し
平日17:30〜翌8:30、休祭日は\4,200増 
※その他、特殊作業などが必要な場合、状況に応じて別途割増しとなることがあります。

07横浜のロードサービス会社でレッカーを依頼する3つのポイント

事故や何らかの理由で車が動かない場合の対処法の一つがレッカー移動です。レッカー移動は、自力で走れなくなった不動車に、専用の器具をつけてレッカー車で牽引して移動させるものです。車検が切れている車の場合は道路交通法により公道を走ってはいけないため、積載車で移動させる必要があり、不動の理由に応じ、適切なレッカー車で運ばなくてはいけないルールがあります。
ロードサービス付帯の任意保険に加入されている方は、利用されお近くの整備工場まで運んでもらうことが出来ます。保険の条件によりますが、追加費用をかけずに無料で依頼できるでしょう。しかし、自宅にある車が故障で動かない場合は保険会社のロードサービスは利用できません。
このように、ご自宅から移動させたい場合や、ロードサービスプランが付帯していない保険の場合は専門の会社を利用することになります。
東京・神奈川でロードサービス会社をお探しの方にお勧めの会社が横浜にあります。こちらの会社でレッカー移動する3つのポイントは以下の通りです。

01迅速でスムーズな対応

人材確保が長けており、いつでも出動態勢が出来ています

02レッカー車の保有台数が多い

大型のラフターから小型の原付まで、状況に合わせて安全・スピーディに積み込み移動します。

03どのような事故現場にも対応

豊富な経験からあらゆる事故現場、故障現場にも適正に対処するためお客様に不安を与えません。

08横浜のロードサービス会社のレッカー移動と他社との違い

事故車や故障者が自走出来ない場合、レッカー移動が必要となります。道路上で車が動かなくなるケースには以下のような事例があります。

・走行中にエンジンが止まったり、パンクなどの故障で動かなくなった
・事故に遭い走行が出来なくなった
・台風やゲリラ豪雨などで冠水してしまった


このような場合に自走しようと無理をする方がいますが、車に負荷がかかり、さらに故障を引き起こすことがあるため、レッカー移動してもらうのが安全です。
レッカー移動は、走行距離により料金が決まり、基本的に10q単位で区切られます。そのため、走行されるエリアでロードサービス会社を選んでおくと整備工場やご自宅まで運ぶ距離が短くなります。
不動車の中には、引き上げが必要な場合もあり、そのためにクレーン車が出動します。大型車両や水没した車両の引き上げには特殊なクレーン車を用いることもあり、あらゆる現場に適応する車輛を所有しているロードサービス会社が万能だと言えるでしょう。
神奈川・東京エリアの方にお勧めなのが地域一とも言われるレッカー車輛を保有する横浜の会社です。
どのような不動車のレッカー移動にも緊急出動できる体制を整え、お客様をサポートして50年という長い実績を持っています。創業からこれだけの歴史を持つロードサービス会社は珍しく、誠実に仕事をされてきた実績がお客様からの信頼の証と言えるでしょう。

09横浜のロードサービス会社への相談事例

車を所有する人よりも、必要な時だけ便利に使えるカーシェアリングやレンタカーの利用が大都市では増加しつつあります。維持費の高さや電車の利用の方が便利である点など、車が必須ではない点が一つの要因だと考えられます。一方、週末や連休などの休暇は車で遠出したり、ゴルフや釣り、アウトドアや郊外のアウトレットに出かけるなど、都心を離れて楽しまれる人が多いようです。
そのような余暇の時間に思いがけず車のトラブルが起こることもあります。
数多くの現場に対応されている横浜のロードサービス会社にお客様からの相談事例をお伺いしました。
  • 横浜のロードサービス会社への相談事例

    週末にしか車を運転されないというご主人と奥さまが日帰りで遠出された日のことです。帰宅の途に就く前、ご自宅からもそう遠くないお店で食事をして帰ろうと車を駐車され、食事をされたそうです。お店を出てから車に乗り、エンジンをかけてもかからず、バッテリー上がりだと思われました。近くを通る車を待ったものの、止まってもらえず、お店から近い場所でロードサービス会社はないか探され、弊社へ連絡を頂きました。すぐにメカニック出身のスタッフがサービスカーで出動し、対応致しました。
    その時に分かったことですが、車検切れまで10日を切っていたのです。もし車検切れしていれば車道を走れないため、レッカー移動する必要がありましたし、罰則や罰金などを受けていた可能性もありました。バッテリー上がりのトラブルが車検の有効期限を気づかせてくれることになり、不幸中の幸いだとお話しされていました。
    どなたにも起こる可能性がありますので、車検の有効期限にはくれぐれもご注意ください。

10横浜のロードサービス会社にレッカー移動についてよくある3つの質問

車の走行中にエンジンがかからなくなった経験がある方は、どれだけ慌てたか思い出すのも辛くなることでしょう。人為的ミスによりエンジンがかからないケースの場合もあれば、完全に車の故障による場合もあります。異常を感じたらすぐに路肩に停車し、まずは落ち着いて、自身で確認出来ることをチェックしていくのがよいでしょう。
原因が分からず、対応が困難な時は、ロードサービスを活用するのが賢明です。
横浜にあるロードサービス会社に、お客様からよくある3つの質問をお聞きしました。
質問
変な音がしてエンジンがかからなくなったのですが、故障でしょうか?
回答
エンジンのかからない原因はいくつかあり、点検する必要があります。自走が難しく、修理が必要であればレッカー移動しなくてはいけないでしょう。当社はお車のトラブル時にスピーディ対応していますのでご連絡ください。
質問
ヘッドライトを消し忘れて放置していたせいか、バッテリー上がりを起こしています。どのように対処すればよいですか?
回答
バッテリー上がりには救護車とブースターケーブルでつなぎ、一時的にバッテリー上がりを回復させるジャンピングスタートを取ることも一つの手段です。もしくは、当社のようなロードサービス会社を利用いただくのが迅速で安全な解決となります。
質問
自損事故を起こしてしまい、車が走行出来ません。大型車なのですが、レッカー移動をお願いできますか?
回答
当社は車輛の大きさや状況に応じて出動する多数のレッカー車を保有していますので、ご安心ください。
一刻も早く到着出来るよう出動致します。

11レッカー移動時のロードサービス会社選びの注意点

POINT 走行中におきる車の故障や事故はつきものであり、避けることが出来ません。そのため、万が一を想定して利用できるサービスを知っておくことが大切です。
ロードサービスもその一つであり、レッカー移動をはじめとする様々なトラブルに対応しています。
ここでは、ロードサービス会社選びの注意点を挙げてみましょう。

●どのような現場へも対応可能である
ロードサービス会社により完備しているレッカー移動車輛が異なります。事故現場は様々であり、どのような場所にでも迅速に出動できる車輛を持っているか、スタッフ数は揃っているかがポイントとなります。対応能力に長けた会社を選ぶと安心です。

●時間を問わず対応してくれる
車のトラブルはいつ起こるか分かりません。いつでも問い合わせができる24時間対応のロードサービス会社が心強いです。また、受付窓口だけの対応でなく、技術者がすぐに駆けつけてくれる会社を選びましょう。

●料金が明瞭である
民間のレッカー会社やロードサービス会社は高いのではないかと懸念される方が多いものです。そのため、サービスに対する料金が明瞭であり、レッカー距離に応じた料金の見積りを問い合わせ時に説明してくれる業者は良心的と言えるでしょう。
トラブル時は動揺のあまり確認を忘れがちですが、丁寧に対応してくれる業者を選ぶと安心です。

12レッカー移動、ロードサービスにおける業界用語の解説

レッカー移動をはじめとするロードサービスは走行中のトラブル時に利用する心強いサービスです。
ここでは、ロードサービスで使われる業界用語をいくつか取り上げて解説しましょう。

●バッテリー上がり
バッテリーが上がる状態とは、バッテリーが電気不足に陥った状態のことを表します。
バッテリーはヘッドライトやブレーキランプ、エアコンやカーナビなどの電子機器に電力を供給しています。エンジン停止中に使われるのはバッテリーからの電力です。車のエンジンを始動させる時はセルモーターと呼ばれるモーターを使いエンジンを回転させますが、その時にはバッテリーから供給される電気が必要です。
バッテリーは走行中に電気を蓄え、エンジン停止中に電気を使用するサイクルを繰り返していますが、電気の使用量がバッテリーの電気量を上回ると車のエンジンが始動できなくなります。これがバッテリー上がりの状態です。

●オルタネーター
オルタネーターは、自動車についている発電機のことであり、エンジンの力を利用して電力を生み出し、バッテリーに電力を供給するパーツのことです。エンジンが動く限りは電力を半永久的に供給できます。
オイルネーターは重要な部品であるため故障すると大きな事故を招く危険性があるため、定期的な点検が必要です。

●ラフタークレーン
ラフタークレーンとは、不整地や狭い道の走行を得意としているコンパクトで小回りの利くクレーン車両のこと。

FAQ一覧

お役立ち情報

ロードサービスの内容についての質問に対する回答が記載されています。
展開
自動車の故障やトラブルが起きたときへの対応以外のサービスについても紹介されているので、詳しい内容を知りたい方はチェックしてみてください。
詳細情報

PageTop

Copyright(C) 有限会社矢向自動車工業 All Right Reserved.